LOVELY×CATION 感想&評価(七沢由仁√)

感想系
正統派恋愛ADV、CATIONシリーズ第1作目

概要

自己主張のない、目立たないクラスの端にいるモブ感がある主人公。

彼が叔父の言葉を受けて一歩踏み出し、”ヒロインとの関わりを通じて変わっていく”お話です。

主人公の性格のせいか、あまり明るい雰囲気ではないですね。

端的に表現すれば、”クラスの目立たない男女の恋愛模様”といった感じ。

攻略対象に教師が含まれていますが、雰囲気はそんな感じです。

近年の作品は『明るく、楽しく、周囲と仲良く』という作風が多いですよね。

しかし、この作品はあくまでも恋仲になった二人の世界を描く作品。

周囲との関わりは多くなく、二人だけの世界が展開されていきます。

 

『ラブコメ調のエロゲじゃなくても楽しめる人』
『見たいのはヒロインと主人公の恋愛模様のみ。ガヤは不要』
『主人公が多少優柔不断でも大丈夫』

という人には合う作品です。

購入を検討してみてください。

しかし、

『いろんな人と関わる賑やかな学園生活を見たい』
『個別ルートでも他のヒロインが登場してほしい』

と思っている人には合いません。

購入は控えた方が賢明です。

 

ちなみにこのゲームのOP・ED曲”Wondering Truth”は神曲!

 

個別ルートのお話

ここから先はネタバレを含みます。ご注意ください。

七沢由

<優しくて清純可憐、学園の癒し系アイドル>

主人公とは進学前も同じ学校だったため、一応知り合い?である。

この子は所謂デビューに成功したヒロイン。

イメチェンによって学園のアイドルという存在になった。

そのため、主人公は地味だったころの七沢由仁を知っている。

主人公は別にこれをネタに脅すというような下劣な行為をしない。

由仁は昔の地味だった自分が嫌いだった。

そんな嫌いな自分を変えるため、自分を好きになるためにイメチェンをしたのだ。

「彼女を作れ、作らなければバイトをしてもらう」と叔父に言われて、変わろうとしている主人公にはその姿は非常に眩しく感じられた。

主人公にとって、変わろうとしているのは『バイトをさせられるのが嫌だから』というネガティブなモチベーションによるもの。

しかし、由仁は『自分を好きになりたいから』というポジティブな感情がモチベーションとなっている。

そして、実際に行動を起こし、周囲から認められるほどにまで変わったのだ。

変わろうと努力を始め、その努力が辛いものだと感じている主人公にとって、由仁の努力の成果を貶めるようなことをしない。(そんな努力がないだけかもしれないが)。

過去の姿は確かに彼女にとって嫌な思い出なのかもしれない。

でも、変わろうと努力する主人公にとってはその落差こそが、変化の大きさが余計に尊敬できる。

誰ともかかわろうとしなかった主人公が、誰かと関わろうと一歩踏み出すだけで頭が真っ白になり、恐怖を抱き、正常ではいられなくなったのだ。

見た目も性格も別人のように変わった由仁を、尊敬するのは当然の流れだった。

 

そして由仁は、過去の姿を知っていても態度の変わらない主人公に安心し、自分と同じように変わろうと努力している主人公に仲間意識を覚える。

言い寄られていた自分を助けたのは下心があったからじゃない、変わろうと努力している一環としてなした行動に過ぎない。

それがわかったから、彼女は主人公に心を徐々に開いていくことになる。

 

物語のおおまかな流れは。

言い寄られていた由仁を助け、彼女の過去を知っている主人公は恋人のフリをお願いされる。

そうして、恋人ごっこを続けていくうちにどんどんエスカレートしていく。

恋人ごっこのまま一線を越え、主人公はどんどん由仁との日常に依存していってしまう。

ずっと引きこもりで、外の世界を知らなかった彼にとって優しく受け止めてくれる彼女との生活は心地よく、失いたくない、一番大切なものだった。

しかし、由仁の何気ない一言で彼女の思いを知ってしまう。

彼女にとって主人公との日常は、恋人のフリをするこの日常は一番でも何でもない。

ただ、他の男が寄ってこないように遊びでやっているだけに過ぎないのだ、と。

気付いてしまったらもう止められない。

嫌な考えが頭をめぐり、彼女を避け学校にも行かなくなってしまう。

そうなって数日後、由仁から手紙が届く。

その内容は――。

 

 

というものです。

 

感想・評価

CATIONシリーズ最大の闇。

私にとってこのルートは辛いだけでした。

恋人のフリからの恋人、というのはよくある展開なのですが、人と関わることが苦手な二人がやるとここまで辛くなるのか、と。

まず、お互いの素直な思いを伝えるのがエンディング直前。

本編ではほぼすべて恋人のフリ関係のまま進みます。

これが耐えられない。

アペンドという後日談があるので良いですが、もしそれが無かった場合は最低のルートと評価していたかもしれません。

もちろん、二人の思考を考えれば当然の流れなのです。

二人ともこの関係を壊したくないし、自己主張も控えめで自分に自信がない。

言い出せなくて当然です。

しかし、由仁も言っている通り、この恋人ごっこが全ての過ちでした。

想いは繋がらず身体だけが繋がる。

そんな話は好きじゃないので(純愛系だと特に)、一線を超える前か超えた後には素直になってほしかったなと思います。

 

とはいえ、このゲームにはアペンドという後日談があります。

キチンと思いが通じ合った二人の話はそちらで展開されますので、総合的には悪くないルートでした。

AFTER STORYの5月という補足シナリオがあるから成り立っている、少し危ういルートでした。

由仁は可愛いのですが、キチンとした恋人生活が少な目に描かれているのは残念です。

可愛い。

シナリオの構成と内容で私は苦手なんですけどね。

いちゃいちゃゲームだろうが!

(ジャンルは”もうずっと初恋の日々ADV”とHPに書いています)。

他のキャラも書く予定です。

LOVELY×CATION 感想(天ヶ瀬優希√)
前回の記事はこちら 天ヶ瀬優希 <何にでも興味津々、明朗快活なクラスメイト> 文武両道の優秀な生徒なのだが、大学病院の教授の一人娘ということで周囲と若干ながら距離を置かれがち。 特に異性からは一線を引いて接さ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました